実践株式投資マスタリー講座

ネット株式売買講座-少額投資で始める初心者編 

ネット証券を利用した超少額投資で株式投資をはじめよう!株式入門の基礎から優しく説明します。

サイトマップ

ネット証券での株の買い方

★最初に一定の金額を入金する

購入銘柄を決めたら、いよいよ注文を出しましょう。



まず、証券会社の口座に前受け金として一定の金額を入金します。

後から損益(損失と利益)を計算する時にわかりやすいように、10万円、20万円といった、きりのいい数字のほうがいいでしょう。

購入銘柄への必要金額ぎりぎりではなく、多少余裕をもった金額を入金しておきましょう。

口座開設通知書に記載された、証券会社指定の金融機関に振込みをすると入金が確認され次第、証券口座に反映されますので、確認しましょう。

@松井証券のネットストックにログイン後、上部メニューの「資金状況」をクリックすると、口座への入金が確認できます。画面は20万円を入金した例です。「現物買付余力」とは、実際に購入できる金額です。手数料分(3150円)を引いた金額が表示されています。「出金余力」は、証券口座から引き出すことのできる金額です。まだ何も購入していないので、入金した全額を引き出すことができます。

A入金されていることが確認できたら、買い注文を出してみましょう。上部メニューの「株式取引」をクリックし、取引ページに移動してから、左メニューの「現物買」をクリックします。「銘柄検索」のボックスに、購入したい銘柄の名前、または証券コードを入力して「検索」ボタンをクリックします。

B銘柄名で検索した場合、同じ言葉を含む複数の銘柄が表示される場合があります。その中から目的の銘柄の「買」の文字をクリックします。

C注文入力画面が表示されます。以下画面のそれぞれの項目の意味をよく理解しましょう。
【A】注文内容入力
 銘柄名:銘柄名と証券コードを確認します。
 取引区分:買い注文、売り注文の区別をよく確認します。まだ株をもっていないので、売り注文は出せませんが、株を購入したあとは、売り注文もできるようになります。
 市場:複数の市場(取引所)に上場している銘柄もありますので、市場を選択します。
     通常は「主市場」として表示される市場を選びます。
 株数:注文する株数です。売買単位の整数倍を入力します。
 値段:指値注文をする場合は、指値を入力します。成行注文の場合は、成行ボタンをチェックします。
 執行条件:寄り付きや大引けで買いたい、という特別な注文の場合に選択します。
        通常は「なし」を選びます。
 有効期間:その注文の有効期間です。1日限りにするか、週末まで毎日同じ注文を出すかを選べます。
【B】市場と更新ボタン
 クリックすると、最新の情報が表示されます。表示させる市場を選ぶこともできます。
【C】時価情報
 現在値:現在の価格を確認します。
 出来高:その時刻までの出来高です。
 気配値:最新の気配値です。気配値については後で説明します。
 始値、高値、安値:その日のそれぞれの価格です。
【D】取引条件
 売買単位:売買単位を表します。購入金額は株価×売買単位になります。
 値幅上限、値幅下限:注文を出せる最高値と最安値です。この範囲外の注文は受け付けられません。たとえば、誤って現在値より一桁多い指値金額で注文を出してしまったとしても受け付けられないので安全です。
【E】規制情報
 売買に関する規制です。証券取引所が行う規制と、証券会社独自の規制があります。1日売買金額10万円まで手数料無料の「ミニボックストレード」には、対象外の銘柄もあります。その場合、対象外である旨が表示されますので注意しましょう(売買はできますが、通常の売買手数料がかかります)。
【F】詳細情報
 複数気配値情報:複数の気配値を表示します。
 証金・信用残:信用取引に関する注文残高などを表示します。
【G】注文確認ボタン:クリックすると注文確認ページに移ります。

D注文入力画面で「注文確認」ボタンをクリックすると注文確認ページに移ります。ここで、注文内容に間違いがないかどうか、よく確認し、間違いがなければ取引暗証番号を入力して、「注文する」をクリックします。

E注文を受け付けたという画面が表示されます。

F左メニューの「注文照会」をクリックすると、注文がどうなったかが表示されます。今回は成行で注文したため、すぐに約定となりました。

G約定価格225円×100株ですから、購入金額は22500円です。余力情報を見ると、現物買い付け余力、出金余力ともに22500円減っています。ちゃんと買えていることがわかります。

H続けて、東急建設の買い注文を出します。こちらは、現在値259円より少し安い、255円の指値注文にしてみます。

I注文照会画面を見ると、注文は受け付けられましたが、まだ約定されていないので「受付済」と表示されています。

J大引け後に注文照会画面で買えたかどうかを確認します。結局、指値の255円では買うことができませんでした。当日限りの注文だったので、当日の市場が終わって、約定がつかなければ「失効」になります。


★「複数気配値」画面

気配値とは、現在その銘柄に対して、いくらかの注文がどれだけだされているのか、という情報で、証券取引所が発表しています。

複数気配値の表示画面では、現在値を中心に売り注文を上、買い注文数を下に表示します。

気配値を見ることで、売り注文と買い注文のどちらが多いのかがわかります。

売り注文が多ければ上がりにくい、買い注文が多ければ下がりにくい、というのが基本的な見方です。

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
株式取引
投資的発想
資産運用とは
リスクとリターン
投資はいつから始める
経験を積んで
はじめての投資
株式会社のしくみ
株は投資の王道
株式市場
株を買える会社
株価とは
株価はセリによる
株価の決まり方
株で儲かる
キャピタルゲインとは
配当金とは
株主優待とは
株はギャンブルと違う
個人投資家の有利な点
株を買うにはいくら必要
株式投資に必要なコスト
ネット証券ではじめる
手数料無料サービス
3万円ではじめる
5〜10万なら選択肢が広がる
10〜30万なら本格的投資へ
効率のよい投資
証券取引所
証券会社の役割
株の売買
株はいつ買える
出来高と制限値幅
オンライントレードとは
ネット証券を選ぶポイント
売買手数料のしくみ
ネット証券選びに役立つ情報
オンライントレードに必要なもの
ネット証券口座開設の流れ
申し込みの手順
口座の種類を選ぶ
口座への入金と売買決済
オンライントレードの注意点
はじめて買う株の選び方
3万円で買える株を探す
安かろう悪かろう
会社の値段は時価総額
チャートで売買のタイミングをはかる
情報いっぱいのローソク足
移動平均線で傾向を見る
ネット証券での株の買い方
携帯電話で取引
ミニ株・プチ株
買った後はなにをする
株主として登録されるには
配当金はいつもらえる
株式分割で権利が増える
権利確定日と権利落ち日
ネット証券での株の売り方
売り注文を訂正
持株が上がってきたら
持株が下がってきたら
売買ルールを決めておく
初心者向け売買ルールの基本
株の税金
株価はどうして動く
株式市場を動かす要因
企業は業績がなにより
決算書の基本
業績・財務情報の探し方
指標分析で割安株を探す
PERとは
PBRとは
ROEとは
市場全体を見るための指標
分散投資でリスクを減らす
リンク集
超 低 金利 ローン



ネット株式売買講座-少額投資で始める初心者編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。