実践株式投資マスタリー講座

ネット株式売買講座-少額投資で始める初心者編 

ネット証券を利用した超少額投資で株式投資をはじめよう!株式入門の基礎から優しく説明します。

サイトマップ

ミニ株・プチ株

★通常取引以外の、少額投資向け制度にも注目

株式投資には、通常の株式以外に、少額投資のためのしくみとして「ミニ株」や「プチ株」「るいとう」といったものが用意されています。



これから株式投資にチャレンジしたい初心者のみなさんにとって、少額で株を体験できるこれらのしくみは、とても便利なので、ぜひしくみを理解して利用してみましょう。

★ミニ株とは

現在は、1単元を100株や1株にする企業も増えましたが、以前は1単元が1000株の銘柄が主流でした。

そこで、個人投資家が少額でも株式投資に参加できるように作られたのが「ミニ株」(株式ミニ投資)です。

ミニ株は、通常の1単元の10分の1の単位で株売買ができる制度です。

1単元が1000株の銘柄であれば、100株〜900株の間で、100株単位で注文をすることができます。

そのしくみは、証券会社が通常どおりに購入した株を、投資家にばら売りする、というイメージです。

あくまで株の名義自体は証券会社にあり、投資家は株主総会での議決権などを得ることはできません。

ただし、配当などは投資家に分配されます。

★プチ株とは

ミニ株は、単位株の10分の1での取引ですが、もっと自由に、単元株未満の好きな株数で売買できるのが、「プチ株」です。

プチ株は、単元未満株を自由な株数で売買できるしくみで、たとえば1単元が1000株の銘柄なら、1〜999株までの間で、好きな株数を売買できます。

また、ミニ株の場合、株の名義としてはあくまで証券会社のものであるのですが、プチ株では名義も投資家のものとなります。

ただし単元株未満の所有数では、株主総会での議決権は得られないことになっています。

ミニ株もプチ株も、成行注文しかできないという点は同様です。

ただし、東証、大証の銘柄に限っていえば、ミニ株が翌日の寄り付きでしか取引できないのにくらべて、プチ株は翌日の前場の寄り付き、または当日の後場寄り付きの2回の購入機会がある点が大きな違いです。

ミニ株はネット証券では取り扱っていない会社もあります。

従来型の店舗を持つ証券会社では、たいてい取り扱っています。

また、プチ株はミニ株よりも売買の自由度が高いのですが、まだ扱っている会社が少ないのが難点です。

ただし、今後はプチ株同様に単元未満株を売買できるサービスを取り入れるネット証券が増えてきそうです。

ミニ株とプチ株のちがいについては、下表でご確認ください。

▲ミニ株とプチ株の比較

ミニ株 プチ株
売買単位 単元株の10分の1。 単元未満数の範囲で自由。
注文方法 成行注文のみ。 成行注文のみ。
約定価格 「翌日の寄り付き」の価格となります。場が開いている間に注文しても、リアルタイムの注文反映はされません。 注文した時刻によって、下記の時点の約定価格となります。
・東証および大証:前場の寄り付き、もしくは後場の寄り付き価格
・JASDAQ:大引け価格
対象銘柄 取引できる銘柄に制限があります。証券会社によって数が異なります。ただし、単元が1株の銘柄は対象外です。 東証、大証、JASDAQの上場銘柄になります(約2300銘柄)。ただし、単元が1株の銘柄は対象外です。
配当金、株式分割など 配当金、株式分割などは、所有株数に応じて証券会社から配分されます。株主優待なども、換金可能なものは換金されて配分されます。 配当金、株式分割などは、所有株数に応じて証券会社から配分されます。株主優待なども、換金可能なものは換金されて配分されます。
名義と議決権 名義は証券会社のものです。 名義は投資家のものとなります。ただし、株主総会での議決権はありません。
単元株数になった場合 同じ銘柄のミニ株を何度か買って単元株数になったら、単元株になります。単元株になったものを、ミニ株として分割して売ることはできません。 同じ銘柄のプチ株を何度か買って単元株数になったら、単元株になります。単元株になったものを、プチ株として分割して売ることはできません。
証券会社 ネット証券では、ミニ株を扱っている会社は少数派。店舗を持つ証券会社では、扱っているところがほとんどです。 カブドットコム証券の「プチ株」とイー・トレード証券の「S株」が代表です。


★るいとうとは

るいとうとは、「株式累積投資制度」の略称です。

好きな銘柄を選び、毎月10000円以上1000円単位の好きな金額で、定期的に自動で購入することができます。

いわば、株の”積み立て貯金”のようなものです。

株の価格は変化するので、購入する株数は、毎月変わります。

あくまで、決めた金額で購入されます。積み立てによって単元株数に達すると、単元株として自分名義の株になり、配当や株主総会での議決権を得ることもできますし、通常の売買もできます。

手間をかけずに株式投資をしたいという人に向いています。

なお、るいとうを取り扱っていないネット証券もあります。

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
株式取引
投資的発想
資産運用とは
リスクとリターン
投資はいつから始める
経験を積んで
はじめての投資
株式会社のしくみ
株は投資の王道
株式市場
株を買える会社
株価とは
株価はセリによる
株価の決まり方
株で儲かる
キャピタルゲインとは
配当金とは
株主優待とは
株はギャンブルと違う
個人投資家の有利な点
株を買うにはいくら必要
株式投資に必要なコスト
ネット証券ではじめる
手数料無料サービス
3万円ではじめる
5〜10万なら選択肢が広がる
10〜30万なら本格的投資へ
効率のよい投資
証券取引所
証券会社の役割
株の売買
株はいつ買える
出来高と制限値幅
オンライントレードとは
ネット証券を選ぶポイント
売買手数料のしくみ
ネット証券選びに役立つ情報
オンライントレードに必要なもの
ネット証券口座開設の流れ
申し込みの手順
口座の種類を選ぶ
口座への入金と売買決済
オンライントレードの注意点
はじめて買う株の選び方
3万円で買える株を探す
安かろう悪かろう
会社の値段は時価総額
チャートで売買のタイミングをはかる
情報いっぱいのローソク足
移動平均線で傾向を見る
ネット証券での株の買い方
携帯電話で取引
ミニ株・プチ株
買った後はなにをする
株主として登録されるには
配当金はいつもらえる
株式分割で権利が増える
権利確定日と権利落ち日
ネット証券での株の売り方
売り注文を訂正
持株が上がってきたら
持株が下がってきたら
売買ルールを決めておく
初心者向け売買ルールの基本
株の税金
株価はどうして動く
株式市場を動かす要因
企業は業績がなにより
決算書の基本
業績・財務情報の探し方
指標分析で割安株を探す
PERとは
PBRとは
ROEとは
市場全体を見るための指標
分散投資でリスクを減らす
リンク集
肥後銀行 ローン

























ネット株式売買講座-少額投資で始める初心者編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。