実践株式投資マスタリー講座

ネット株式売買講座-少額投資で始める初心者編 

ネット証券を利用した超少額投資で株式投資をはじめよう!株式入門の基礎から優しく説明します。

サイトマップ

株式会社のしくみ

★まずは「株式会社」のしくみを知ろう

「株」とはそもそもなんでしょうか?



一口でいえば、「株式会社」が「出資者」に対して発行する「証券」のことです。

でも、一口すぎて、これだけではなんのことかさっぱりわかりません。

ひとつひとつ説明していきましょう。

現代では大きな企業は、「株式会社」というしくみで運営するのが普通です。

株式会社のしくみのポイントは、「出資者と経営者が別である」というところにあります。

たとえば、いますごく画期的な事業アイディアを思いついた人がいるとしましょう。

しかし、会社を興してその事業を実現するためには多額のお金が必要で、その人はお金をもっていません。

一方、世の中にはお金を持っていて、それをもっと有利に運用したい、と考えている人がたくさんいます。

しかし、自分で会社を作ってビジネスをするようなことは考えていません。

この両者を結びつけるしくみが、株式会社なのです。

★株券は出資の証拠

ビジネスのアイディアを持っている人は、それを実現するため、お金を集めなければなりません。

そこで、お金を持っている人に「出資」を募ります。

出資とは、「資金を出す」ことです。

そして出資してもらった資金(=資本金)を元に、会社を経営します。

出資者と経営者が別とは、こういうことです。

そして、出資してもらったという証拠に、出資額に応じた証券を発行して出資者に渡します。

株券」というのは、株式会社に出資した人が得られる証券なのです。

そして、株券をもっている出資者のことを、「株主」と呼びます。

これは会社を設立するときだけの話ではありません。

すでに多額の資本金をもっている現代の株式会社も、事業資金が必要なときに新規の株券を随時発行します。

これを「増資」と呼びます。

増資によって、事業資金を集めて、新規の事業に乗り出すわけです。


★株主は利益の還元を受けられる

出資者は、慈善で出資するわけではありません。

利益が目的です。出資した会社が事業に成功して利益を出せるようになったら、その利益の一部を出資者に還元しなければなりません。

還元の方法にはいくつかありますが、もっとも基本的なものが「配当金」です。

会社の稼いだ利益のうちから、一部を株主に支払うのです。

株では、配当金以外にも株券自体の値上がりによって利益を得られる方法もあります。

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
株式取引
投資的発想
資産運用とは
リスクとリターン
投資はいつから始める
経験を積んで
はじめての投資
株式会社のしくみ
株は投資の王道
株式市場
株を買える会社
株価とは
株価はセリによる
株価の決まり方
株で儲かる
キャピタルゲインとは
配当金とは
株主優待とは
株はギャンブルと違う
個人投資家の有利な点
株を買うにはいくら必要
株式投資に必要なコスト
ネット証券ではじめる
手数料無料サービス
3万円ではじめる
5〜10万なら選択肢が広がる
10〜30万なら本格的投資へ
効率のよい投資
証券取引所
証券会社の役割
株の売買
株はいつ買える
出来高と制限値幅
オンライントレードとは
ネット証券を選ぶポイント
売買手数料のしくみ
ネット証券選びに役立つ情報
オンライントレードに必要なもの
ネット証券口座開設の流れ
申し込みの手順
口座の種類を選ぶ
口座への入金と売買決済
オンライントレードの注意点
はじめて買う株の選び方
3万円で買える株を探す
安かろう悪かろう
会社の値段は時価総額
チャートで売買のタイミングをはかる
情報いっぱいのローソク足
移動平均線で傾向を見る
ネット証券での株の買い方
携帯電話で取引
ミニ株・プチ株
買った後はなにをする
株主として登録されるには
配当金はいつもらえる
株式分割で権利が増える
権利確定日と権利落ち日
ネット証券での株の売り方
売り注文を訂正
持株が上がってきたら
持株が下がってきたら
売買ルールを決めておく
初心者向け売買ルールの基本
株の税金
株価はどうして動く
株式市場を動かす要因
企業は業績がなにより
決算書の基本
業績・財務情報の探し方
指標分析で割安株を探す
PERとは
PBRとは
ROEとは
市場全体を見るための指標
分散投資でリスクを減らす
リンク集
フラット35 審査



ネット株式売買講座-少額投資で始める初心者編 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。